Acer Aspire Timeline AS3810T-P22にWindows10を入れる

 桜も咲いて春を感じるようになってきました。nimanpoの4代目のノートPCであるAcer Aspire Timeline AS3810T-P22は記録がないのであいまいですが2009年頃に3代目のレッツノートライトCF-T1の代わりとして購入しました。普段それほど使用する機会はなかったのですが、2016年年末にYOGA BOOKを新たに購入してからは電源ONになることもなく放置状態でした(ゴメンヨ)。そろそろ10年前になるPCなので買取価格は¥0となっていましたがっ今回、とある事情でこのPCを譲ることにしました。ただWindows7でもあるため、そのままでは来年でサポート終了となってしまうため今回Windows10に対応するべくメモリを8GBに変更、HDD→SSDに換装してみました。

 2月某日に秋葉原に行きアークさんで「204pin S.O.DIMM DDR3-1066 4GB バルク品」を2枚購入しました。メーカー情報では2GB×2枚の4GBがMAXらしいのですが、ネットを検索しますと4GB×2枚の8GBでもOKそうなので今回試してみました。AS3810Tの裏蓋の封印シールを剥がして裏蓋を開けてセットされている2GBのメモリーを取り外して4BG×2枚を取り付けました。電源ONしてBIOSで確認すると無事に8GBを認識デス。次にもう一つの裏蓋の封印シールを剥がしてHDDを取り出してSSDへ交換しました。HDDのSATA端子と電源端子に接続するアダプターを介してPC本体へ接続するタイプとなっていました。アダプターを取り外してSSDに取り付ければ簡単に交換できます。次にWindows10のセットアップは前回の時に作成したUSBメモリのインストールメディアを使用してBIOSからUSBメモリからの起動に切り替えて、裏蓋にあるWindows7のプロダクトキーを入力してセットアップしました(64bit home)。プロダクトキー入力が通ってしまえば今でもWindows10はセットアップ可能なようです?デバイスマネージャーで見てもおかしなところはなかったので使用可能と判断しました。ちょっと触ってみましたが、まぁネットやメールする程度ならまだまだ使える状態にはなったかと思います。ChromeAcrobat ReaderDCを入れて先日引き渡してキマシタ。

 Windows7のノートPCをお持ちの方は¥1.5万程度でメモリ増設やSSDの換装でWindows10へアップしてもいいのではないかと思います。

旅立って行った旧録画PCとPT1

 先日とある友人からHDDレコーダーに録画したファイルをを整理したいとの相談を受けましたが、こっちはPC録画に移行してからブルーレイレコーダーの世界はとんとご無沙汰の状況でサッパリわからん?となりました。ネットで検索してみても結構皆さん苦労している様子です(そりゃ色々あるから大変だわなぁ)。結局nimanpoさん手持ちのPT1とパーツ+αで録画用PCを組みましょうということになりました。構成は↓

CPU: INTEL Core-i7 2600 (昔のメインPCで使っていCPU。4C8T、Sandy Bridge、3.4GHz、TDP95W、HD2000)

M/B:ASRock H67DE3(H67チップセット。この間まで録画用PCで使用)

メモリ:ADATA AD3U1333C4G9-2(DDR3 PC3-10600 4GBx2)

SSDINTEL X25-M Mainstream SATA SSDSDSA2MH080G2R5(80GB)

HDD:HITACHI HDP725052GLA360 (500GB 16MB Cache SATA

電源:Abee ZU-400WX(400W ATX電源)

CPUクーラー:サイズ 峰2

SATA3カード:玄人志向 SATA3-PCIE-I2 (SATA6Gb/s 2ポート)

TVチューナー:アースソフト PT1

ケース:YCC YCC-688A(アルミケース)

OS:Microsoft Windows10 PRO 64bit

これに8TB HDD SEAGATE ST8000VN0022(IronWolf 8TB)×2台とカードリーダーを別途購入してもらって組み立てました。

  2月某日にキャリーカートにケースを積んで引き渡してキマシタ。

 かなり使用してきたパーツばかりなのでそれほど持つとは思っていませんがPCが使える人にとっては市販のブルーレイレコーダーよりは便利ではないかと思っています。

 アースソフトさんのサイトにも先日「2019年 4月25日をもってサポートを終了します。」の案内がでました。秋葉原でもPT1PT2PT3は深夜販売や入手困難等色々と楽しませたくれたパーツでした。少し寂しくなりますね。

 

眠らなくなった録画用PC

 お久しぶりです。先日はTOTOのライブで日本武道館へ行ってきました。序盤の「Hold The Line」で盛り上がり、「Africa」で「I bless the rains down in africa ~♪」を大合唱シテキマシタ。

 前回録画用PCを更新しました。録画自体は問題ないのですが、メインPCが起動している間は録画用PCが休止してもすぐに起動してしまう状態となってしまいました(><)。しばらくほっておいたのですが、いかんせんエコでないのでちょっと疑わしいところを探ってみました。

 録画用PCとメインPCはTvRockの同期モードで録画用PCがマスターモード、メインPCはスレーブモードで運用しています。WOL設定は一番上の「予約情報更新時にマジックパケット送って貰う」にそれぞれチェックが入っている状態です。TvRockのログを見てみるとスレーブモードのメインPCは定期的に同期処理行っているようで、

[19/02/05 22:14:31 0.9u2]:同期処理・送信エラー

といったログが出てきます。この時、録画用PCが休止している(休止しているから送信エラーとなっているのですが)と目覚めて同期するようです。その後のログは

[19/02/05 22:15:12 0.9u2]:TvRockのマスター<xxxxxxxxxx>と接続しました

となっています(40秒程して同期開始されている)。

 疑わしいのはWOLWake On Lan)辺りにありそうなので、メインPCのデバイスマネージャーからネットワークアダプターの中のNICIntel(R) Ethernet Connection I219-V)のプロパティの詳細設定を覗くとWOLの設定に関連する項目が色々ありました。

f:id:nimanpo:20190224150908j:plain

Wake on Link 設定:値は「強制/無効」

Wake On Magic Packet:値は「有効/無効」

Wake On Pattern Match 値は「有効/無効」

Wake On Magic Packetの値を「有効」にして残りは「無効」にしました(pattern Matchは有効だったので無効にしたのは覚えているがLinkの方の値が元々なんだったかは?)。録画用PCの方も同様に設定しました。録画用PC(I217-V)の方は電力の管理タブにWOLの設定がありました。

 設定変更後はメインPCが起動中も録画用PCが目覚めることはなくなりました(^^)。なんとなくですがPattern Matchが良くなかったんじゃぁないかと思っています。

録画用PCの3回目更新

 今日は朝から雪が降ってきたよ。積もるまではいかなそうなのでよかったです。

 録画用PCは2012年3月に2回目の更新を行ってから2015年5月に8TBのHDDに変えて 今まで毎日使用してきました。2回目の更新以降これといったトラブルもあまりなく、毎日安定稼働を続けてきてくれました(ありがとう)。ちょっと前に事情があって録画用PCを更新することにしました。構成は昔ちょっとメインで使っていた↓を使用。

f:id:nimanpo:20190209161652j:plain

CPU:Intel Core i7 4770K (第4世代、3.5GHz、4C8T、TDP84W、HD4600)

M/B:ASUS Z87-PLUS(Z87チップセットPCI×2なマザー)

MEM:ADATA AX3U2133XW8G102X(DDR3-2133 [PC3-17000] 8GB×2)

SSD:Sumsung SSD 950PRO 256GB(劇速NVMe SSDのはじまりとなったSSD

変換基板:玄人志向 M.2-PCIe

CPUクーラー:サイズ 阿修羅 SCASR-1000

HDD:WD WD30EZRX(SATA3 3TB)、SEAGATE ST8000AS0002(SATA3 8TB)

TVチューナー:アースソフト PT2×2

電源:COUGAR GX-S500

CASE:ソンチア TQ-700mkⅡ (購入は1998年7月。当時のATX定番CASE。20年以上使ってマス。LEDはピンクとライムグリーンに変更。阿修羅がギリ入った。)

OS:WIndows10PRO

 CPU、マザー、メモリーSSDを取り換えて残りは現状の録画用PCのままです。今回はTvRockレジストリをエクスポートしておいて今回のPCへインポートしたので、あっさり設定は終了しました。今のところ特に前と変わりなく安定稼働しています。

 今後は8TB HDDが4年近く使用しているのでSEAGATEST8000VN0022かWDのWD80EFAXに交換をしたいところです(ST8000AS0002は倉庫用にする)。

 PT2も安定稼働中ですが、昨今はPCIを2本搭載したマザーもめっきり少なくなりました。PCIe→PCI×2変換基板のDIR-EB262-C13は念のため1個確保してあります。

 今まで同様、安定稼働してくれることを願っております。

 

メインPCの更新

 お久しぶりです。2019年も始まってしまいました。

 年末年始のお休みを利用して、久しぶりにメインPCを更新しました。昔なら秋葉原でパーツ一式を買い込んできたのですが、もうしんどいので「ポチッとな」したパーツが年末にやってきました。

f:id:nimanpo:20190120200314j:plain

CPU:Core i9 9900K (intel)

M/B:Z390 EXTREME4 (ASRock)

MEM:CMK16GX4M2A2666C16 (DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組) (Corsair)

Video:NNE62070015P2-1062A (GeForce RTX2070 8GB Dual Ver.2) (PALIT)

SSD:WD Black NVMe WDS500G2X0C (500GB Western Digital)

SSD:860 EVO MZ-76E1T0B/IT (1000GB SAMSUNG)

CPUクーラー:忍者五 (サイズ)   グリス:Kryonaut (Thermal Grizzly)

OS:Windows10Pro

------------ここまで新規購入----------これ以下既存パーツ----------

SSD:Extreme PRO SDSSDXPS-480G-J25 (480GB SanDisk)

電源:Platimax EPM750AWT (ENERMAX)

CASE:Z9 Plus (ZALMAN)

チューナーボード:PT3 (アースソフト

 

 現在のメインPCはCore i7 6700K(Skylake)なので2倍以上のの性能アップを見込んでいます(8086Kはガマンしたのよ)。ポチる決め手はしばらく品切れだった忍者五の在庫が復活したためです(現在また在庫切れデス。同じことを考えている方がまあまあいるようです)。年末年始で久しぶりに組み立てマシタ(^o^)

忍者五を取り付けた写真は↓

f:id:nimanpo:20190120204701j:plain

いっぱいいっぱいな感じです。メモリーリアランスは

f:id:nimanpo:20190120204847j:plain

コルセアさんの定番メモリーはOKですが、メモリーヒートシンクが大きい(高い)とFANを上に上げないと干渉するかもです。今回のZ390 Extreme4だと左側のIO部分のカバーにもFANが当たりそうです(ギリセーフ)。FANの風向きは右から左に流れるように取り付けています(どうするのが正解なのだろう?取説にも特に書いてなかったような気がする)。メモリ側面からとった写真は↓

f:id:nimanpo:20190120212137j:plain

5mm程度隙間があります。忍者五を選んだ時にちょっと不安だったけど干渉しなくてよかったです。

 自作PCの世界はここ2年ですっかりピカピカ流行りとなってしまって結構派手に光るのでちょっと戸惑ってしまいます。ベンチマークする限り性能は2倍以上になったので満足していますが、この高性能を発揮する場面があるのかは?デス。

 

 

Windows 10 October 2018 Update (バージョン1809)でまたチーミングできなくなった

 お久しぶりです。彼岸花が咲き、金木犀の香りが漂いようやく秋らしさも感じられるようになってきました。

 Windows 10 October 2018 Updateの提供が開始されたので更新してみました。今回の新機能はココここのようです。

 更新は時間は掛かったものの(1時間程度)特に問題もなく終わりましたがっファイルサーバーPCで設定していたチーミングがまたできなくなってしまいました(>_<)。更新後チーム化の設定がきれいさっぱりなかったことになったのはちょっと焦りました(ファイルサーバーPCは普段はリモートデスクトップで操作しているので接続できなくなったヨ)。結局チーム化はできるものの有効にならない状態で、色々いじってみたけどうまくいかないのでしばらくは単独のNICで使用することとなりました。Intelさんのドライバー更新を待つこととします。

 

ようやくWindows10でのチーミング

毎度のことながら、お久しぶりです!

2018年になりました。nimannpoの所は年末年始お休み中の天気も良く毎朝のお散歩で、きれいな朝焼けを拝見することができました。

 ファイルサーバー機としているWindows10PCですが、WHS2011の頃はLANポート2つをまとめて(チーミング)2Gbpsの帯域を確保していましたが(必要かどうかはさておき)、Windows10になってからはチーミングできないままになってしまっていました。最近ネットを見ると昨年からできるようになったとの書き込みが見られるようになりました(ココここ)。このため今回nimanpoさんも試してみることとしました。

 今のファイルサーバーPCの構成は2011年の8月に一式購入して2014年2月にRaid10構成のHDDがぶっ飛んで一式交換して以下の構成です(忘備録も兼ねて)。

CPU:INTEL Core-i5 2500T(2.3GHz、4core、TDP45W)

M/B:ASUS P8Z68-V LE

メモリ:ADATA AD3U1333C4G9-2(DDR3 PC3-10600 4GBx2)

SSDSamsung SSD 840 500GB

Raid Card:High point RocketRAID 2720 

HDD:WD WD WD40EFRX×6(4TB、WD RED、RocketRAIDに接続しVVAULTで運用)

HDD:WD WD30EZRX×2(3TB、WD GREEN、テンポラリとバックアップドライブ)

NICIntel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT 

OS:Microsoft Windows10PRO 64bit

CPUクーラー:サイズ KABUTO

電源:玄人志向 KRPW-P630W/85+

ケース:ENERMAX Flumo ST

 

Windows10は最新のバージョン1709( Fall Creators Update)なので、 早速インテルさんのサポートページに行ってWindows10 64-bit版のPROWinx64.exeをダウンロードして更新しようとしましたがっ!更新してくれません(;_;) どうやらGigabit CTは対象外のようで更新せずに終了してしまいます。サポートページの下方にある「このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています」の欄には皆さん大好きGigabit CTの名前はありません(T_T)。このため以下の方法を考えました。

1.最新の構成に変更。今ならi3-8100とZ370マザーとDDR4メモリーと最新構成にしてアップデートする¥4.5万コース。

 2.intel LANがついている中古マザーZ68やZ77も行けるかな?に変更。¥1.6万~¥2.0万コース。

3.対応するintel NICを購入。候補はEthernet Server Adapter I210-T1 やWinyao WYI210T1。WYI201T1はintel製として認識するようです。

 といったところで結局は3でいくことにしました。で購入したのが↓

f:id:nimanpo:20180106191914j:plain

Intel Ethernet Server Adapter I210-T1 。¥9,936(税込)。

本当はWY210T1があればお安くいけたり、実際は¥11,664でWYI350TやWYI350-T2もあって迷ったのですが純正品となりました。

 Gibabit CTの代わりに取り付けて、最新ドライバーをセットアップして(今度は無事にいけました)無事オンボードLANのRTL8111Eとのチーム化に成功しました。

f:id:nimanpo:20180106193644j:plain

前回同様静的リンクアグリゲーションとしました。

f:id:nimanpo:20180106193825j:plain

 速度は2.0Gbpsとなりました。ヤター(^_^)/

リンクアグリケーションをするにはハブもそれ用にスマートスイッチが必要となりちょっと高かったりしたのですが、TP-LINKさんの製品は通常のスイッチングハブ並みの価格で買えるのでいい時代となりました。